BSアンテナを取り付ける際の流れを知っておこう

BS放送を見るためには

テレビでは、地上デジタル放送が人気ですが、それに負けず劣らずBS放送も人気を集めています。毎日のようにいろいろな家庭にアンテナが取り付けられています。ここから、BSアンテナを取り付ける流れを見ていきましょう。

BSアンテナ取り付けの流れ

作業員

問い合わせ

BSアンテナを取り付けてもらうために、問い合わせをします。問い合わせでは、お宅へ業者が伺う日を決めます。電話で問い合わせを受けつけている業者が多いですが、メールや問い合わせフォームを使う業者もあります。

現地調査

問い合わせで予約した日になると、業者の人が自宅へ来ます。設置場所の検討と、取り付け費用の見積もりを出します。見積もりで出た金額に納得することができなければ、その場でキャンセルすることもできます。工事はその日に行うこともできますが、後日にすることもできます。

作業開始

作業日になると、また作業員がやってきます。そして、すぐ作業に入ります。作業自体は大体1時間ほどで終わるでしょう。作業が完了したら、BSチャンネルの映り具合を確認して、問題がなければそのまま会計をします。これで、取り付けは終了になります。

BSアンテナ取り付けの流れや種類と費用まとめ

男性

アンテナの種類

アンテナには、二つの種類があります。一つは、地デジの電波を受信するためのアンテナになります。魚の骨のような形をしたアンテナとなっています。これは八木式アンテナといわれています。もう一つは、BSやCSなどの衛生放送の電波を受信するためのアンテナになります。丸い形をしたアンテナを一度は見たことあるでしょう。

リモコン

アンテナの値段

八木式アンテナは、4000円程になりますが、BSアンテナは大体6000円ほどで、少し高めになっています。アンテナを設置するためには、環境によってさまざまな部品が必要になることもあります。分配器やブースターなどが必要になるでしょう。アンテナ自体より高くなることも珍しくありません。

自分で決めよう

BSアンテナと言っても、さまざまな種類があります。なので、業者に勧められるような高いアンテナを購入する必要はありません。高級なアンテナは、基本的に4kや8kを見る人のためのアンテナになっています。普段見ない方は購入する意味がないので、安いアンテナを購入しましょう。

勧められるまま購入しないようにしよう

BSアンテナに関する知識を紹介してきました。アンテナは業者から購入することが多いので、勧められるまま購入しないよう気を付けましょう。

[PR]
BSアンテナの手続き
用途に合わせてくれる

広告募集中